恵比寿漢方薬局 TEL:078-811-1256(12:00〜16:00) FAX:078-811-1257
HOME 漢方商品紹介 ご相談受付 お店案内 特定商取引法
女性のからだ
・ダイエット
・更年期
・スラリと美しく
・シミ・シワ
症状からみた漢方
・目
・口
・鼻
・膝、肩、腰、骨
・脾、胃
・肝
・腎
元気いっぱい講座
・夏の漢方
夏の漢方
漢方相談はこちら
誰もが望むスラリと美しく
夏は草木が生長し万物が茂り花咲き、陽気が最高潮に達する時期です。
この時期は、日の出と共に起きて日長の一日を良く動くようにします。
適当に運動し一日一回は汗を出すよう心掛けます。陽気の多いときに発散しないと熱が体内にこもってしまいます。特に陽気の多い「心」に熱がこもると心に負担がかかり、陽気を上手に発散しないと、身体全体が熱く感じ冷房や冷飲を欲するようになり、胃腸がこたえます。
漢方薬には虚弱な胃腸を改善し、消化吸収機能を増進させる働きのある薬があります。
夏負けによく用いられる漢方薬
・補中益気湯- 手足がだるく食欲がない方に
・清暑益気湯- 口が渇き、発熱や下痢が伴う方に
・十全大補湯- 顔色がよくない貧血気味の方に
冷房病・冷蔵庫病に用いる漢方薬  
・五積散-足が冷え腰が痛む方に
・当帰四逆湯-手足が冷え寒さを訴える方に
・人参湯-顔色悪く、食少なく下痢する方に  
   
胃腸のトラブルに用いる漢方薬  
 
  ・四君子湯-消化吸収機能の弱い方に  
  ・六君子湯-食欲がなく胃のもたれがあり時々痛む方に  
  ・補中益気湯-疲れが激しく食欲なく手足のだるい方に  
  ・半夏瀉心湯-吐き気、胃部のつかえ感、腹鳴下痢のある方に
  ・啓脾湯-慢性下痢の方に    
  ・安中散-胃痛(炎症性ではない)    
     
水分の取りすぎによく用いる漢方薬
・五苓散-胃がチャポチャポと音を立てている方に
・六君子湯・ニ陳湯- みぞおちがつかえ食べると嘔吐や下痢をする方に
食あたり、吐き気、蕁麻疹によく用いる漢方薬
・半夏瀉心湯-お腹がゴロゴロ鳴り、下痢を伴う吐き気の方に
・黄連湯-胃がキリキリと痛む方の吐き気に
  かっ香正気散-食あたりの上げ下げに
夏バテによく効くツボ
・足の三里- 膝の下3cm、脛骨の外側胃腸の働きを回復全身の疲れが取れます 足:イラスト

東洋医学では、「胃腸」のことを少し意味が違いますが、「脾胃」といいます。
「脾」は後天の気(エネルギー)」といわれ、もって生まれた気(先天の気・腎気)と生まれてから食物から得る気(後天の気)があり、生命維持に重要な意味を持っています。
「脾は四肢をつかさどる」
体にエネルギーを取り入れ、体の隅々、筋肉への栄養補給は脾の働きとされています。夏はエネルギーの消耗の激しい季節、手足や体がだるくなるのは、脾がバテてるということです。
規則正しく、バランスよい食事をよくかんで食べて元気で夏をのりきりましょう。


▲ページのトップへ
おすすめ商品
バランスターWZ
【健康補助食品】
バランスターWZ【健康補助食品】
グリコーゲン・ミネラル・ビタミン・アミノ酸・・・・
数万年前にも及ぶ、私たちの祖先の時代から認識されていました。
石器時代の貝塚から発見される貝類の化石には、アサリでもシジミでもなく牡蠣殻が最も多いのですよ。



こちらの「おすすめ商品」は、左側で紹介している症状について効能・効果を保障するものではありません。
Copyright(C) 2005 EBISUKANPO. All rights reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】